地熱の家 > 地熱の家 パッシブソーラー > 地熱の家 パッシブソーラー

地熱の家 パッシブソーラー

地熱の家の仕組みは無垢材のフローリングなどを
使いたい家に適合していると考えます。

床暖房を無理に使用して無垢フローリングに合わせる方法はコストも高く、
ランニングコストもかかるので
実際のところあまり床暖房をつけなくなった。
という利用者の声も聞いたことがあります。

moonee camping 24

地熱の家の換気システムは
パッシブソーラーで床下を暖めることから底冷えも解消されているので
床暖房が要らない仕組みと考えます。

杉やヒノキ、パイン材やウォールナット、
オークやチェリーなどの木目を楽しみたいのであれば
床暖房対応の合板フローリングには限界もあります。

地熱の家はその点からも無垢材を使用した家にベストマッチだと考えます。

空気を循環するので密閉型の住宅にあうという見解が
ほかの住宅情報サイトで見られますが、
私の見解は違います。

伝統的な木造住宅、
和風住宅にこそこの自然な空気の仕組みが合うと考えます。

密閉した輸入住宅の仕組みではなく、
やわらかい自然な空気を好む、
紙と木でできた日本の住宅にこそ合うと考えます。

安定した温度の空気が年間を通じて住宅内部にあるということは、
土壁や無垢の木材の環境にも良いと考えます。

大空間やホールなどでランニングコストが大いに軽減されていることからも、
吹き抜けなどを持つ大空間をもつ住宅にも相性が良いといえます。

コメント(0)|2012年2月14日10:47 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • sponsoredlinks

  • 地熱の家 パッシブソーラー