ビルトインガレージ 固定資産税

 

ビルトインガレージの上に部屋を作ることで
狭い敷地に駐車場用の空き地を減らすことができるので
敷地の有効活用を十分に行うことが可能になります。

ですから、一階と同じ面積分2階のプランニングをします。

ビルトインガレージは固定資産税の課税面積に含まれるかということですが
シャッターのあるなしで面積がかわるのではないかという
質問もネット上で多く見られます。

シャッターは最初からあってもなくても
屋根付のガレージで壁を囲まれている時点で
課税の対象になります。

固定資産税の課税面積ととガレージシャッターの有無は
関係がないということです。

カテゴリー: ビルトインガレージ 固定資産税コメント(0)

  • sponsored links

  • ビルトインガレージ 間取り