極小住宅 3階建ての間取り

極小住宅の1階部分の間取り
狭小の敷地を有効に利用できるように
9坪ハウスと呼ばれる小さな広さで収まるようにプランニング
洗面所は洗濯機を置ける広さで1坪(2畳分)
ユニットバスも1坪タイプであればゆったりと使うことができます。
トイレは階段下を利用してコンパクトに収めました。
個室は収納大目で寝室でも子供部屋でも可。

二階リビングはバルコニーに面して
東西に広く明るい間取りとし
キッチンからリビングダイニングが見渡せるように
間取りをオープンで対面キッチンにつくります。
ダイニングから遠ざけるためにトイレを他の階にします。

3階に個室を配置しますが
寝室として使っても良いように収納を大きめにしました。
ウォークインクロゼットとすることで納戸的な利用が可能になります。
無理をすれば3階に3部屋確保するプランも可能でしょう。

カテゴリー: 3階建ての間取りコメント(0)

極小住宅 間取り

1階に洗面脱衣室とお風呂を配置しことで
9坪の間取りの中でも階段室以外をLDKにすることが可能になります。
そのことで一般的な住宅のオープンキッチンと
ほぼ変わりないかむしろ広い数ペースを得ることができます。

このとき1階には洗面脱衣室とお風呂があるために
個室が1部屋しかとることができていません。
1LDKで十分であれば2階建ての間取りで十分でしょう。
一人暮らしやディンクス向けの間取りになります。

家族で住むにはあとすこし部屋がほしいところ
その場合は3階にあと2室を増やすことで
合計27坪の住宅の間取りが出来上がります。

一般的な間取りと比較すると極小住宅の間取りですが
マンションの間取りと比較すれば
各部屋は十分に広さを確保できているといえます。

カテゴリー: 極小住宅 間取りコメント(0)

洗面脱衣とお風呂の間取り

2階のリビングダイニングにキッチンを配置してみます。
キッチンからは洗面脱衣のやお風呂、洗濯スペースが近いと便利。
一般的なプランではキッチンそばに洗面バスが配置される例が多いでしょう。

これは湯沸しからキッチンバス、洗面が近いというのが
コスト的にもエネルギー的にも効率が良いからです。

ところが狭小住宅、極小住宅においては
同じ階にすべてを配置するとリビングダイニングを
狭くしてしまうことになります。

リビングダイニングを広くしたい場合は
洗面脱衣とお風呂のスペースを1階に配置します。

1階に洗面脱衣とお風呂を配置する理由は
3階にバスルームを配置する場合
水圧が低くなり水の出が悪くなるからです。
どうしても3階にバスルームを配置したい場合は
ポンプをつけて水圧を上げます。

カテゴリー: 洗面脱衣とお風呂の間取りコメント(0)

  • sponsoredlinks

  • 極小住宅の間取り
    1 / 41234