極小住宅の間取り > 極小住宅を作る理由 > 建築 極小住宅を作る理由

建築 極小住宅を作る理由


まずは敷地への建築の配置です。
極小住宅の場合は建築面積、
1階の床面積がなかなかとるのが難しい条件が多いため
敷地の中でどれぐらいの大きさの家が建てられるかを
把握するところから始まるといえます。

2階建てであれば2層分3階建てであれば
3階分を積み重ねた広さの住宅を想像して
まずは大まかのボリュームを把握します。

極小住宅を選択する理由は

敷地が狭く、物理的に普通の大きさの家が建てられない場合。

敷地に対する建築面積の割合で制限を受けるために
極小の住宅を建築する場合

駐車場、駐車スペース、庭などの
他のスペースを得るために間取りが極小になる場合

別荘やログハウス、などセカンドハウスなどのため
一般的な大きさを必要としない場合

土地の予算に比重を置くため
建築本体の予算を小さくすることで総体金額を抑える場合です。

コメント(0)|2012年2月8日3:50 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • sponsoredlinks

  • 建築 極小住宅を作る理由