極小住宅 間取り

1階に洗面脱衣室とお風呂を配置しことで
9坪の間取りの中でも階段室以外をLDKにすることが可能になります。
そのことで一般的な住宅のオープンキッチンと
ほぼ変わりないかむしろ広い数ペースを得ることができます。

このとき1階には洗面脱衣室とお風呂があるために
個室が1部屋しかとることができていません。
1LDKで十分であれば2階建ての間取りで十分でしょう。
一人暮らしやディンクス向けの間取りになります。

家族で住むにはあとすこし部屋がほしいところ
その場合は3階にあと2室を増やすことで
合計27坪の住宅の間取りが出来上がります。

一般的な間取りと比較すると極小住宅の間取りですが
マンションの間取りと比較すれば
各部屋は十分に広さを確保できているといえます。

カテゴリー: 極小住宅 間取りコメント(0)

極小住宅の部屋数

2階にリビングダイニングを配置した間取りでは
1階部分に個室を配置することになります。

今回のプランでは1階の9坪の大きさの中に
玄関・玄関ホール階段室とトイレ
そして、寝室と洋室を1箇所配置します。

このとき部屋数が少ないのであれば
3階部分を増やしていくことが可能です。
2階建てのときは2LDKの間取り

3階建てのときは1階に2室3階に2室の4LDKとなります。
2階部分にリビングダイニングと洗面、浴室を配置。

このとき3階に部屋を作らない場合
2階リビングダイニングの天井を屋根なりに勾配天井として
天井の高い空間を得ることができます。

カテゴリー: 極小住宅の部屋数コメント(0)

極小住宅 間取り

極小住宅の間取りの作り方ですが
前回までは1階のリビングを前提に間取りを進めてきました。

狭い敷地のある場所というのは
どうしても道路が近く、視線にさらされる立地だったり、
日当たりの悪い立地条件だったりすることが多いのです。

それを視線から遠ざけて日当たりを良くするには
2階リビングのプランを見てみるという作業があります。

この2階リビングというプランは
とてもリビングダイニングが明るくなる間取りですが、
庭や地面と遠くなるということで
戸建住宅では敬遠されがちな間取りなのです。

マンションではまったく気にならないことが
戸建では気になるというのは
階段を登りたくないという心理も働いています。

それでも2階リビングは天井を高くできるなどのメリットもあるので
1階リビングの間取りと比較して検討をしましょう。

カテゴリー: 間取り 2階リビングコメント(0)

  • sponsoredlinks

  • 極小住宅の間取り
    1 / 212