筋交いの入れ方

木造住宅は筋交いを入れたほうが強く、
より多くバランスよく筋交いほど強度が増してきます。
筋交いは耐力壁にとって大切なものです。

家は同じに見える壁の中で筋交いが入っているほど丈夫なんですね。
だから、筋交いが入っている壁が多いほうが安心。

建物を支える壁は、出来上がってみると同じにみえますが、
内部の構造で強度に違いがでて来るのです。

耐震性を気にするご時勢ですから
皆さん注意はしているところ、耐震等級なども気になります。

デザイナーズ住宅などは面白い間取りや
オープンなプランが素敵です。

構造のほうは弱いんじゃないの?

と気になっちゃいますね。

間取りが変形していても
耐力壁はバランスよく配置すれば、
上からの荷重も、横からの風圧も、
耐力壁を通って土台、基礎へと伝わっていきます。

とくにプラン的にバランスの悪い住宅こそ、
筋交いの位置を考えて構造的なバランスをとるのが大事ですね。

カテゴリー: 構造 | Tags: , コメント(1)

コメント

  • I believe avoiding ready-made foods would be the first step to help lose weight. They may taste good, but ready-made foods have got very little nutritional value, making you consume more in order to have enough electricity to get throughout the day. When you are constantly feeding on these foods, transferring to whole grains and other complex carbohydrates will help you to have more electricity while feeding on less. Interesting blog post.

    2012年9月1日 10:56 AM| pai you guo tea

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://juutaku.sub.jp/ie/%e7%ad%8b%e4%ba%a4%e3%81%84%e3%81%ae%e5%85%a5%e3%82%8c%e6%96%b9.html/trackback

初めての家作りの上へ

アーカイブ

ブログランキング くる天 人気ブログランキング
マイホーム(計画中) ブログランキングへ
  • SEOブログパーツ