リビング階段で廊下を減らす間取り

狭小間口の間取りをする場合、出来るだけ南の光を
おくまで届けなければなりません。

その場合LDK、リビング、ダイニング、キッチンが
オープンにつながっているほうが明るくなります。

そして狭小間口の間取りは奥行きも制限されることも多く
実際に土地の面積が小さい場合があります。

そうした場合は、廊下を極力減らすということが
リビングダイニングを増やすことになります。

今回のプランはビルトインガレージを採用せずに
南側に駐車場を配置しましたが、
1階にビルトインガレージを間取りして
建物の延べ床面積を増やすことが出来ます。

カテゴリー: リビング階段で廊下を減らす間取りコメント(0)

2階に洗面を間取りする

二階の廊下は最小限にプランニングしたいところだが
あえて少しゆとりを持たせて洗面台を置く。

1階の洗面脱衣はお風呂を使用しているときは
なかなか脱衣室に入りにくいので
システム洗面台が使いづらいのである。

特に思春期を迎えた子供を持つ場合
脱衣所に入らないでほしいといい始めるものである。

そのときに2階に洗面台が配置されていれば
わざわざ1階の洗面台を奪い合うこともない。

朝の混雑時にも2回の洗面台があれば、
家族間のいざこざもまったくなしとなるのである。

カテゴリー: 2階に洗面を間取りするコメント(0)

ダイニングとトイレにワンクッション入れる

リビングダイニング階段で気をつけなければならないのが
トイレの配置である。

トイレの配置を玄関脇にとった場合は、ダイニングから遠くなるので
トイレと食事スペースが遠くなるので問題ない。

洗面脱衣とバスルームにトイレを近くまとめた場合
トイレの音が気にならないように扉の配置に気をつけたい。

出来れば、トイレのドアともう一枚ドアを設けて
ダイニングとスペースを分けて音の対策をしたい。

マンションのプランを考えれば距離は一般的で差ほど気にならない。
間取りの関係であるが、ドア一枚だと心もとない。

カテゴリー: トイレとダイニングの関係コメント(0)

  • sponsoredlinks

  • 狭小住宅 間取り
    1 / 41234