お風呂と洗面所とキッチンをまとめて配置する。

 

玄関とお風呂、トイレと洗面脱衣室を配置したら
ダイニングキッチンとリビングを配置する。

■キッチンと洗面脱衣室とお風呂を近くする。

キッチンは脱衣室とお風呂に近いほうが好まれる。
キッチンから洗濯機のある脱衣室に行きやすいというのが
家事動線が短いとされて重宝がられるからだ。
実際に朝ごはんを作りながら洗濯機を回すのかは微妙なところ。
お風呂の湯はりに便利といわれるが
それもキッチンからリモコンで自動湯はりが当たり前

■洗面とバスとキッチンをセットにする。

洗面とバスとキッチンを近づけるのには意味がある。
エコキュートエコジョーズなどの給湯器の近くの設備が
よりお湯を早く出すことが出来るということになります。
お風呂のそばに置けばお風呂と洗面が早く
キッチンのそばに置けばキッチンが早くお湯が出ます。

必ずまとめなければならないということではありませんし、
ある程度以上のグレードの家では設備が離れることもあります。
キッチンと洗面所を話して配置した場合は
施主より間取りの理由とメリットを質問されるでしょう。

カテゴリー: お風呂と洗面所とキッチンをまとめて配置コメント(0)

  • sponsoredlinks

  • 狭小住宅 間取り