ロフトの作り方 > 多目的に利用できるロフト > 多目的に利用できるロフトの作り方

多目的に利用できるロフトの作り方


「ロフト 屋根裏部屋 広さ」

多目的に利用できるロフトはまず見た目も美しくします。

屋根裏部屋の広さは、もちろんそれぞれの用途や
希望によっても広さが変わってきますが、
実際はそれだけで全てが決まるという訳ではありません。
日照権による制限や法律による制約があり、
必ずしも希望の広さに出来るとは限らないからです。

しかし、だからと言って何でもいいよという気持ちでいると
施工会社としても希望がわからず
施工主の気に入るようなロフトは作れないでしょう。
建築の際には、どのような大きさで
どのような使い方をするのかを業者と綿密に話し合い、
法律等も併せた上で納得のいくまで考え抜く必要があります。
ただの収納だけでなく寝室や
オーディオルームとしても利用価値がありますので、
用途については予めしっかりと考えておいて下さい。

コメント(0)|2011年10月18日10:00 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • 多目的に利用できるロフトの作り方