収納ロフトから屋根裏部屋へリフォーム

建築の際には、ロフトを居住エリアとして考えていなくても、
完全に放置したまま年月が経ってしまうと、
もったいなく感じるものです。
収納スペース確保のためのロフトの利用も
考え方を変えれば他のスペースにも生まれ変われます。

・収納として、屋根裏部屋を使っていたが、
子供が出来たので子供部屋にする。

・子供が成人して家を出る事になった為、
自分のオーディオルームとして使いたい。

など、様々なリフォームを考えることが出来ます。。
今まで利用していなかった人は、
その空いたスペースが非常にもったいないですし、
用途が変われば拡張が必要な場合もあるでしょう。
そんな時は、やっぱりリフォームをすることをおすすめします。

最近では、見積もり無料の業者も増えており、
検討しやすくなっています。
インターネットで申し込むと特別価格で受けられる事もありますので、
まずは調べてみる事をオススメします。

カテゴリー: 屋根裏部屋を収納から部屋にするコメント(0)

屋根裏部屋、ロフトの広くみえる例、快適な雰囲気

ロフトや屋根裏部屋を作ったら、
やはりインテリアにはこだわりたいものですよね。
家庭内の雰囲気に調和させるのも良いですし、
別世界のような雰囲気を作り出すのも全て自分次第になります。
明るくすることでとても広く感じて
普通の部屋よりもひろいぐらいに見えます。

しかし、注意点もあります。
まず、梯子等を使って上に登るという関係上、
重たいものや大きなものは気を付ける必要がありますよね。
建築の際に導入していれば、それが一番良いでしょうが、
後々になってインテリアを変更するという事になった場合には、
この点注意が必要になります。
そしてもう一つは、温度や気温、湿度です。
屋根や建材に気を使わないと異常な暑さや寒さで
生活しにくくなる事も考えられます。
施工の際は、リフォームの時点で
しっかりと考えておく事が重要になってくるかと思います。

カテゴリー: ロフト,屋根裏部屋コメント(0)

女の子のためのロフトのインテリア

ロフトは男の隠れが限定でもないし
むしろ、女の子が屋根裏部屋にいる映画だって、
赤毛のアンとか、魔女の宅急便とかあたっとおもう。
女の子の屋根裏部屋を現代風にアレンジするなら、
色の使い方を工夫したいと思うのです。
まずはカーテンを天窓につけていろ付の光にしてみる。
べっどもモダンなものを選べば古めかしい雰囲気ではなくなる。
クロスも一面だけアクセントで色分けすれば
はっきりと鮮やかな部屋になってコントラストが生まれます。
収納ももだな家具でコーディネート
なんと、現代の女の子のためのロフトが出来上がり

カテゴリー: 女性のロフトコメント(0)

  • ロフトの作り方
    2 / 41234