驚くほど広く出来る。最近の屋根裏部屋ロフト

屋根裏部屋の事をロフトと言います。
一般的な家屋の収納としては押入れや物入れ、
納屋等がありますが、そのどれもが横に広くなりますので、
現在の日本ではそこまでの土地が取れない現状もありますよね。

そこで、スペースの取りやすい上へ収納を作るのです。
下部に作る地下室も同じような理由で作られますよね。
ロフトがある程度広いスペースが取れるので、
あればただの収納としてではなく、
オーディオルームや寝室等の居室として利用する事も可能な為、
最近の新築ではロフトを作るものが増えているようです。

しかし、法律上の制限も多々あり、
必ずしもロフトを作れるとは限らないというのが実際の所ではあります。
ロフトを希望する場合は、
どういった事に利用するか等の設計者への相談も必要になってくるでしょう。
相談すれば驚くほど広い屋根裏部屋が出来るのが
最近の建築基準法です。
以前はロフトの下の階の面積の1/8だったのが
1/2まで広くすることが可能になっているからです。
新築のときはどれだけ最大で間取りできるか聞いてみてください。

カテゴリー: 広い屋根裏部屋コメント(0)

多目的に利用できるロフトの作り方

「ロフト 屋根裏部屋 広さ」

多目的に利用できるロフトはまず見た目も美しくします。

屋根裏部屋の広さは、もちろんそれぞれの用途や
希望によっても広さが変わってきますが、
実際はそれだけで全てが決まるという訳ではありません。
日照権による制限や法律による制約があり、
必ずしも希望の広さに出来るとは限らないからです。

しかし、だからと言って何でもいいよという気持ちでいると
施工会社としても希望がわからず
施工主の気に入るようなロフトは作れないでしょう。
建築の際には、どのような大きさで
どのような使い方をするのかを業者と綿密に話し合い、
法律等も併せた上で納得のいくまで考え抜く必要があります。
ただの収納だけでなく寝室や
オーディオルームとしても利用価値がありますので、
用途については予めしっかりと考えておいて下さい。

カテゴリー: 多目的に利用できるロフトコメント(0)

屋根裏部屋の活用法

ロフト・屋根裏部屋の活用法としてまず挙げられるのは、
やはり収納ではないでしょうか。
通常の家屋での収納は、押入れや納屋等が基本ですが、
物が多い家庭ではこれだけではまず足りませんよね。
居住エリアにところ狭しと物があり、
結果的に非常に生活しにくい環境にいる方も少なくはないのが現状ですよね。
そこで空いている空間である屋根裏部屋(ロフト)を利用し、
大きな収納スペースを一度に作ってしまうのです。

そしてもう一つは、屋根裏そのものを居住エリアとする事です。
寝室としたり、子供部屋としたり、と様々な用途に使用出来ますよね。
横に広げるのは土地の関係上出来なくても、
空いている上であれば十分検討の余地があるのです。
建築当時から放置したままになっているご家庭があるのであれば、
リフォーム等を強くオススメ致します。

カテゴリー: ロフトの活用法コメント(0)

  • ロフトの作り方
    1 / 41234