アンダーカウンター 洗面台

アンダーカウンターシンク家具洗面台

カウンターの下に洗面ボールをつけると
カウンターがすっきりします。

家具の洗面カウンターではよく見られる手法です。

カウンターの風合いをより引き立たせたり
シンプルですっきりしたイメージを持つのが特徴です。

住宅用では洗面ボールが大きくなって
以前ほど見かけなくなりましたが
まだまだ定番の洗面台の形態です。

アンダーカウンターシンクと言っても
丸いものや四角いもの大小さまざまです。

場所や用途に合わせて形状や大きさをきめます。
長く飽きの来ないスタイルなので
カウンターの素材を吟味しましょう。

天然石、人造大理石、メラミン化粧版
ガラスや無垢の木材カウンターなど
様々なカウンターにあわせられます。

カテゴリー: 造作洗面台コメント(0)

樹脂製の洗面ボール

樹脂製の洗面ボール

真っ白くマットな質感の樹脂の洗面ボールは
輸入建材洗面ボールなどを扱うサイトに見られる
陶器とは違った質感で光沢を求めるのではなく
シンプルで柔らかで上品な質感を求める人にお勧め

つや消しなことで汚れやすいと感じた場合は
コーティングを施すことで汚れを防げる
白く清潔感のあるカウンターや
シンプルなデザインのトイレとあわせて
洗面所のインテリアを真っ白に仕上げたい。

白い大理石や石、タイルとの組み合わせで
さらに上質なインテリアの仕上がりになる。

この手の洗面ボールは思ったほどコストは高くないので
お勧めのデザインなのです。

樹脂の洗面ボールはマットな質感が売りではありますが、
フラットなボールの水の流れなどを良くするためには
撥水材などの塗布で改善することが可能です。

カテゴリー: 洗面ボールコメント(0)

天然石の造作洗面台

大理石の洗面台といっても、
実は天然大理石と人工大理石の2種類があるんですよ。

どちらが良いのかと言うと…
「やっぽり本物が一番だから、
天然大理石がいいわ」とおっしゃる方が少なくありませんが、

実際の生活で使うことを考えると、
人工大理石のほうが何かと便利です。

洗面台では、クリームやシェービングジェルなど、
いろいろなスキンケアアイテムを使いますよね。

うっかり落としてしまうことも多いものですが、
人工大理石だったら拭きとるだけですぐに綺麗になります。

天然大理石にくらべて表面が滑らかになっていますので、
水アカも付きにくいのです。

日々の生活で細かい傷がついたとしても、
磨けばすぐにもとの美しさを取り戻すことができるというメリットもあります。

カテゴリー: 天然石を使った造作洗面台コメント(0)

ガラスのカウンターで洗面台をおしゃれに

ガラスのカウンターの洗面台は
クリアな質感の天板はシンプルモダンの住宅に似合います。

ガラスの天板に冬季のボールをはめ込む
ガラスやホーローの洗面ボールをあわせる。

天板は透明なので裏側に塗装を施しても良いし
そのまま下からライトアップしても美しいです。

天板がガラスで透き通るので
配水管のデザインにも気を配りたいところです。

一般的なのは床排水のSトラップですが
少し気を配って壁排水のPトラップに
もう少しデザイン性をアップして棒のような
ボトルとラップにすればすっきりと見えます。

ガラスの仕切りや目隠しにも会うので
クールな住宅に造作洗面台でインテリアを
さらに美しく見せることができます。

カテゴリー: インテリアコメント(0)

  • sponsoredlinks

  • おしゃれな洗面台、施工例