Home > 納戸 収納方法

納戸 収納方法コンテンツ一覧

納戸 収納方法 ポケット編

あと少しだけ収納量を増やしたいという場合

納戸などの収納の扉の裏側にワイシャツポケットをつけると
収納量が拡大します。
これは扉の裏側でなくても良いのですが

扉の裏側を利用して、収納ポケットをつくることで
スペースを有効利用した感じが出ます。

薄くして、邪魔にならない程度にします。
一目瞭然に収納しているものがわかり、とても便利です。
ポケットにいれるものは良く使うものが良いでしょう。
作るのは小さな板で十分ですから、
ホームセンターなどで購入できる程度のものです。
日曜大工でも造ることも可能になるでしょう。

ポケットを作って差し込む方法は
しわにならず、スペースも最小ですむ方法です。

クリーニングに出したワイシャツはなどは、
重ねておくと襟がつぶれて、もったいないですから
専用のワイシャツ棚をおくか
こうしたポケットに差し込むと型崩れしません。
一枚ずつ薄い棚に入れておく方法がベストですが
場所がないときはポケット収納で代用します。

納戸 間取り

■納戸の中を間取りする

納戸の整理を行っていますか?
家屋内の収納スペースは、
ほとんどのご家庭で不足している状態ではないでしょうか。
そんな中でせっかくの収納スペースですから、
納戸の整理はきちんと行い、無駄のない利用を心がけたいものですよね。

■納戸の中を整理する

最近では、断捨離(だんしゃり)という言葉も
頻繁に用いられるようになりましたが、
不要な物を捨てる事は整理整頓の基本になります。

■納戸以外の部屋の間取りを把握する

不要な物を破棄したら、次は家屋全体の“物”の把握になります。
どういった物がどこに保管されているかを
予めしっかりと把握しておく事が、
上手な納戸の整理へと繋がってくる訳です。

すべての物を把握した上で、
納戸以外の収納スペースも念頭に置きながら、
どこに保管するのが最も適切かを
図面や測量により判断していきます。
面倒臭がらずに、納戸以外の収納スペースも
必ず見ておくようにして下さいね。

納戸 収納方法

■納戸の収納方法

今回は、上手な納戸の収納術についてお話していきたいと思います。
納戸というありがたい収納スペースがあるにも関わらず、
有効に利用出来ていない家庭も非常に多いのが現状のようです。

■増えたら捨てる収納方法

まず前提として、不要な物があるのであれば思い切って廃棄してしまう事です。
不要な物を所有していては、いつまで経っても片付きません。

■空きスペースを作る収納方法

また、納戸へ物を収納する際には
ある程度の空きスペースを残しておく事になります。

スペースに余りなく物をギチギチに押し込んでしまうと、
取り出す際に非常に不便ですし、
不便なのが理由となり結局放置してしまうという悪循環にも陥りかねません。
納戸への収納は、収納する物のサイズを考え、
無理矢理押し込んでしまわないようにしましょう。

  • sponsored links

  • 納戸 収納方法