納戸 活用法

■納戸の活用法

納戸の活用法は利用する人により様々ですよね。
例えば、他の収納スペースに比べると
比較的広めのスペースが取れる納戸ですから、
最低数年は利用する事がないような物を
まとめて収納しておくという方もいらっしゃいますよね。

■納戸はつかわないものをしまうところではない。

また納戸スペースに若干空きを残し、
生活の中で比較的多用する物を収納して、
いつでも気軽に取り出せるようにしておくという方もいらっしゃいます。

どちらにせよ、最も効果的な納戸の活用法は
人と家庭によりけりなのです。

■納戸があったら感謝する。

確実に言えるのは、
何の考えもないままで納戸に物をどんどん押し込んでしまうのは、
避けるべきだという事です。
納戸はどこの家庭にもある訳ではありません。
納戸があるという時点で、納戸がない家庭と比べ
収納スペースが余分に取られている訳です。

毎年冬しか使わない、夏しか使わないものや
長い間つかわない思い出の品も収納することができます。
使わないものをしまうのではなく、大事なものを保管するということ。

せっかくの収納スペースなのですから、
有効に活用するようにしましょう。

カテゴリー: 納戸 活用法コメント(0)

納戸 レンタル

建築時に収納スペースとして納戸を作っている家屋以外では、
使用どころか見る事も叶わない、なんて思っていませんか?

実は、ここ最近『レンタル納戸』が流行しているのです。

レンタル納戸は名称そのままの意味を持ち、
CDやDVDのレンタルと同じく納戸もレンタルしてしまおうといったものの事を言います。

基本的には『物置タイプ』と『建物個室タイプ』の2種類が用意されており、
それぞれに一長一短が存在します。

『物置タイプ』は『建物個室タイプ』に比べるとスペースは狭いですが、
その分安価でレンタル出来ます。

『建物個室タイプ』は多少金額があがる分、
広いスペースを確保する事が可能で
機械警備が付いている納戸も多いのが特徴ですね。

利用目的に合わせ、
適切だと思われる納戸をレンタルするようにしましょう。

カテゴリー: 納戸 レンタルコメント(0)

  • sponsored links

  • 納戸の収納術
    5 / 512345