引き出し 収納術

引き出しの無駄をなくすには自由に仕切れる溝をつけておくとよい
引き出しの中には、注意していても、すぐに乱雑になってしまいます。

まして、自分の持ち物の整理ができない子供たちの引き出しを、
常にきちっと保つのは、容易ではありません。

衣類の管理でも、きれいに整頓できていなければ、手間がかかるばかりではなく、
必要なものが不足していたり、
数がたりなくなっているのに気づかずにすごしてしまいます。

収納品の量や寸法に合わせた仕切りをしておくとよいのですが、
量や寸法に統一性がないため、市販品にはあまりいいものがありません。

そこで、引き出しをつくるときに、こんな工夫をしてみました。

引き出しの側板に10センチおきくらいに、6ミリの溝をつけ、
これに、並ベニヤの切ったものを差し込めるようにします。

入れるものによって、仕切り版の入れる場所を変えれば、
無駄な隙間ができず、きっちりと分類できます。

常に現状を把握しておけるので、主婦の労力も省力化できます。

カテゴリー: ポケット収納,納戸 整理コメント(0)

納戸 棚

ちょっと着ただけの衣類の始末にクローゼットの一部を利用する
生活の中にはきちっと割り振りできない部分がたくさんあります。

洋服の整理、収納はクローゼットがあればすべて解決するかというと
そんなものではありません。

外出着に着替えるまで着ていたものや、
急に気温が変わったので着替えたものなど、
たたんでしまうほどではないし、
洗濯するのはまだ早いといったものが常にあるものです。

こうした中途半端な衣類の上手な整理法というのがなく、
日本伝統の衣桁などがちょうどよいのではないかと思います。

しかし、そのまま見えるところに掛けておいたのでは、
見た目にはいいものではありません。

クローゼットの中に、こうしたいわゆる着ている途中のものを、
しまっておくスペースを造ってやると便利ですから工夫をしてみます。

ちょうど布団干しのような回転パイプをつけます。
ここに一時、掛けておいて、また着たり、
しまったりすると、使いかけの衣類の始末に困りません。

カテゴリー: 納戸 収納コメント(0)

クローゼットに化粧台

クローゼットに化粧台を組み込むと
そこで身支度がすべて完了できますね。
それって衣装室、化粧室、楽屋のような感じ。

寝室の一角に衣装室や化粧コーナーがあると便利だと思いませんか?
衣装室を誰にも見られないスペースにしておけば
外出時には少し念入りにお化粧したり、
就寝時には、ゆっくりイスに腰掛けて、肌の手入れもできます。

衣裳部屋は化粧だけでなく、着替えや身づくろいにも便利。
家族と一緒に使う洗面所では落ち着かないし、
お風呂の前で立ちながら化粧も粗雑になりそう。

ゆっくり時間がかけられません。

化粧台はいろいろな化粧道具やビン類を並べたり、
鏡もつくので、常にむき出しになっているより、
引き出しなどがあって隠せるほうが便利そうです。

カテゴリー: 納戸 活用法コメント(0)

  • sponsored links

  • 納戸の収納術
    1 / 3123