トイレ 海外

海外のトイレに学ぶインテリア術

トイレのリフォームをする際には、
海外のトイレのデザインも気になりますね。

機能の面からみれば、日本のトイレが最高だと言われています。

しかし、デザインの面からみれば、
海外のトイレにはステキな製品もたくさんあって、
海外ではインテリアの賞も設けられていますので、
日本にくらべてトイレのデザインへの意識が非常に高いのですね。

実は、すぐれたデザインというのは見て楽しめるだけでなく、
すぐれた機能を持っていることが多いのです。

無駄なものをなくして、
利便性を追求すると美しい形になっていくからです。

海外のトイレ製品を日本で使う場合は、
規格が違うこともありますので要注意です。
専門の業者にリフォームを依頼するのがベストでしょう。

トイレは機能性の良い日本製のトイレにして
手洗い部分や、インテリアのタイルを輸入建材にする方法も
バランスが取れていて堅実なリフォームといえるでしょう。

カテゴリー: インテリア術,トイレ 海外コメント(1)

トイレ 鏡

鏡を壁に使うとトイレは広く感じる。

トイレの空間というのは
狭くつくって当たり前という風潮がある。

独立したトイレともなると
1畳もないトイレも多い。

ホテルのトイレなどは
広く感じることもあるが
バスといっしょや
洗面カウンターと一緒など
トイレ以外のスペースが広い。

洗面とセットにして鏡を大きくする。

この方法で部屋は倍に広がるので
少しだけ広くして
手洗いカウンターをつけてみよう。

鏡に映った空間がその分広がってみえるので
スペースが狭いときには大きな鏡をつけるのがお勧め。

カテゴリー: トイレ 鏡コメント(1)

トイレ 手洗い器

少し広めのトイレで余裕を持たせます。
洗面カウンターを設置して
大きめな洗面台があれば
来客が使用することもできます。

化粧直しのスペースとしても利用
ゲストルーム脇にあれば
ホテルのような雰囲気にもなります。

トイレの仕上げを質素にして
狭いトイレを作るのが日本に多いのは
分譲住宅のトイレが小さいため
それが普通になってしまったのでしょう。

間取りを作るときにトイレを1.5倍
もしくはそれ以上の大きさに設定しても
1㎡ぐらいしか増えないはずです。
コスト以上の効果が得られます。

注文住宅のトイレは大きくとりましょう。

カテゴリー: トイレ 手洗い器コメント(1)

トイレリフォーム事例
3 / 41234